スポンサードリンク

2013年09月11日

ドコモがiPhone発売

NTTドコモが、ついにiPhoneの発売を正式に発表しました。今回発売されるのは「iPhone 5s」と「iPhone 5c」の2種類です。2013年9月20日から販売開始される予定です。ソフトバンクからiPhoneが発売されて以来、NTTドコモから顧客が流出していました。auからiPhoneが発売され、ドコモの顧客流出は加速される一方でした。






NTTドコモは、2013年夏モデルの発売でツートップ戦略として、キャラクシーとエクスペリアを中心に販売を強化しましたが、顧客減少に歯止めは掛かりませんでした。








AppleからiPhoneの新機種が発売されるたびにNTTドコモから発売されるのではという噂が飛び交っていましたが、やっと実現される事になりました。









これでソフトバンク、au、NTTドコモの3キャリアからiPhoneが販売される事になり、日本のスマホメーカーは苦境に立たされることになるのでしょうか。








日本ではスマホの普及率は、他と比べるとまだまだ伸びしろいっぱいです。ドコモのiPhone発売によりガラケーからスマホに変更する人はかなり増えるのではないでしょうか。









スマホの通信料金は、これから値下がりしていくのでしょうか。つながりやすさも改善されていくのでしょうか。









携帯電話はどこまで進化していくのか、想像できませんね。



posted by okamoto at 13:10| Comment(0) | モバイル関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月30日

WiMAX 2+

UQコミュニケーションズが、2013年10月末から超高速モバイルブロードバンドサービス「WiMAX 2+」をスタートすると発表しました。まずは下り最大110Mbpsでスタートし、2017年には同1Gbpsを超えるサービス提供を目指すそうです。





UQ Wimaxは、かなり広範囲で使えるようになりました。私は今のところイーモバイルのG4データプランを使っているのですが、今年の11月で2年を迎えるので次回はUQ Wimaxにしてみようかなと思っています。









イーモバイルのLTE対応の「Pocket WiFi(GL09P)」も検討していますが、こちらは7GBを超えると通信速に制限がかかるというのがネックになっています。今のところノートPCだけでも余裕で7GBを超えているので、LTE対応では確実に通信速度が落ちてしまいます。








イーモバイル以外でもLTE対応の場合、5GB〜7GBくらいが上限となっています。スマホも接続することを考えると物足りなさを感じます。









UQ Wimaxなら通信量が無制限で使えるので、いまのところ有力候補となっています。1年契約出来るというのも魅力の一つとなっています。







モバイルルーターは日々進化しているので、2年契約だとちょっと長すぎます。今使っているイー・モバイルは毎月約6千円ですが、UQ Wimaxなら1年契約で3880円です。









データ通信料はこれからもまだ下がっていくのではないでしょうか。スマホのパケット代も定額だと5千円〜6千円位かかります。ガラケーからスマホに変更するとかなり高くなってしまいます。









スマホは確かに使いはじめると便利ですが、毎月の支払が大変です。各社で色々割引サービスを利用しても定額制だと結構な金額になります。









しかし、パケット代を従量制に切り替えてモバイルルーターを使えば幾らか節約することができます。










UQのWiMAX 2+のサービス開始が待ち遠しいですね。





ラベル:WiMAX 2+ UQ モバイル
posted by okamoto at 13:23| Comment(0) | モバイル関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月26日

ガラケー事情

各キャリアから夏モデルが出揃いましたが、なんとついにガラケーの新機種がひとつもありませんでした。スマホに移行してもらおうというのが狙いみたいです。日本のスマホの普及率は、約38%だそうです。シンガポールの約77%、韓国が約68%、イギリスが約56%と日本はまだまだこれからというのが実情だそうです。






かと言ってガラケーが無くなるのかというとそうではなく年に数機種は新製品を開発して販売していく予定はあるみたいです。スマホが便利そうなのは殆どの人が理解しているが、毎月の支払が負担になるや使い方が難しそうなど色々理由があるみたいです。









若年層はもうすでにスマホに切り替えているでしょうが、中高年となるといまだにガラケーを使っているという方が多いですね。









日本のガラケーを製造していたメーカーも何社か撤退を決めたり合併を模索しているところもあります。









スマホも毎月の料金がもう少し安くなればもっと普及していくのでしょうが、いつになることやら。










ガラケーがなくなっていくのは時代の流れでしょうが、ちょっと寂しいような気もします。



posted by okamoto at 19:16| Comment(0) | モバイル関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。