スポンサードリンク

2013年10月30日

食品偽装表示

阪急阪神ホテルの食品偽装表示が、全国各地のホテルに拡大しています。大阪のリッツ・カールトンホテルでも発覚し次々と発表が相次いでいます。消費者を欺いているとしか言えないです。いつの間にこんなことになってしまったのでしょう。老舗ホテルや一流と言われているホテルなども偽装していたとなると、我々は何を信じたらいいのでしょう。






日本の食品は安全で安心だと言われていますが、食品偽装はやってはいけないことです。これからも各地から報告されるのでしょうか。健康被害はでていませんが、信用や信頼は失われてしまいました。









食品表示は、法律上も曖昧な点がたくさんあるみたいです。しかし、法の隙間を狙って偽装するなんてもっての外です。消費者の側にも多少の問題点もあるのかもしれませんが、信用して注文したものが偽装されていたのは許しがたいですね。








今までにも何度も食品偽装は表面化していますが、なくならないものですね。目先の利益を追いかけていると大切なことを忘れてしまうのでしょうか。偽装が発覚したところにはもう一度初心に帰り、お客様を第一に考えてもらいたいと思います。







posted by okamoto at 22:14| Comment(0) | ライフスタイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。