スポンサードリンク

2013年07月26日

ガラケー事情

各キャリアから夏モデルが出揃いましたが、なんとついにガラケーの新機種がひとつもありませんでした。スマホに移行してもらおうというのが狙いみたいです。日本のスマホの普及率は、約38%だそうです。シンガポールの約77%、韓国が約68%、イギリスが約56%と日本はまだまだこれからというのが実情だそうです。






かと言ってガラケーが無くなるのかというとそうではなく年に数機種は新製品を開発して販売していく予定はあるみたいです。スマホが便利そうなのは殆どの人が理解しているが、毎月の支払が負担になるや使い方が難しそうなど色々理由があるみたいです。









若年層はもうすでにスマホに切り替えているでしょうが、中高年となるといまだにガラケーを使っているという方が多いですね。









日本のガラケーを製造していたメーカーも何社か撤退を決めたり合併を模索しているところもあります。









スマホも毎月の料金がもう少し安くなればもっと普及していくのでしょうが、いつになることやら。










ガラケーがなくなっていくのは時代の流れでしょうが、ちょっと寂しいような気もします。





posted by okamoto at 19:16| Comment(0) | モバイル関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。