スポンサードリンク

2013年06月05日

石原裕次郎

BSジャパンで放送された「昭和は輝いていた」で、昭和の名優・石原裕次郎を特集していました。石原まき子さんがゲストで登場し、知られざるエピソードや裕次郎さんからもらった手書きのラブレターを公開していました。






映画「太陽の季節」で、鮮烈なデビューを飾りその後瞬く間にスターになりました。俳優になる気はなかったそうですが、あこがれの女優・北原三枝に会いたくて映画「狂った果実」に出演を決めたそうです。









映画界の古いしきたりを改革したりして、新風を巻き起こしました。石原プロ製作の映画「黒部の太陽」の制作にはかなり苦労をされたみたいですね。









テレビドラマに進出後も「太陽にほえろ!」や「西部警察」など、今でも記憶に残るアクションシーンを使って派手なドラマを制作していました。









歌手としてもたくさんの名曲を歌っていて、今でもカラオケなどでは人気があります。










52歳という若さで亡くなってしまいましたが、石原裕次郎が残してきたものは永遠に語り継がれていくことでしょう。









昭和という激動の時代を象徴するタレントであり、男のあこがれである石原裕次郎はいつまでも心に残り続けるでしょう。







posted by okamoto at 19:04| Comment(0) | エンタメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。