スポンサードリンク

2013年06月04日

日本茶

ニューヨークなどで日本茶が静かなブームになっています。健康志向が高まっているので、日本食や日本茶に注目が集まっています。IT企業が集中しているシリコンバレーでも緑茶がよく飲まれているそうです。伊藤園が販売している「お〜いお茶」のペットボトルが人気でこれから世界中に広がるのも近いのではないでしょうか。








ドイツでも日本の緑茶がブームになりつつあります。日本茶専門店もできておりこれから緑茶が広がっていくでしょう。









日本の明治時代には、生糸に次いで緑茶は輸出されていたそうです。日本国内では緑茶を飲む人が減少しているみたいですが、今後は輸出にかなり力を入れていく予定だそうです。










世界の先進国では健康志向が高まっているので、無糖飲料の緑茶が見直されています。










東京のデパートでも、ワインボトルに入れた高級緑茶が売れているそうです。1本で21000円という高級品もあります。









ワイングラスで飲む緑茶というのも増えてきているそうです。










和食には緑茶というのはつきものです。お茶の生産農家にとっては今後期待の持てる時代が近づいてきそうです。









緑茶は静岡県が日本一の生産量を誇っていますが、第二位が鹿児島県というのは意外と知られていないのではないでしょうか。









日本の美味しい緑茶が世界に広まるのも近いのではないでしょうか。






posted by okamoto at 21:02| Comment(0) | ライフスタイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。