スポンサードリンク

2012年12月30日

第54回日本レコード大賞

TBS系で放送された「第54回輝け!日本レコード大賞」を久々にみました。



今年は司会がTBSアナウンサーの安住紳一郎さんとガッキーこと新垣結衣さんでした。





最優秀新人賞には、高校生シンガーの家入レオさんが選出されました。






15年ぶりに再結成されたプリンセス・プリンセスが特別賞を受賞し、代表曲の「M」と「Diamonds」の2曲を披露していました。NHK紅白歌合戦を最後に解散してしまうのは残念です。





作詞賞は、秋元康さんが初受賞しました。AKB関連の作詞をすべてというのだからすごいですね。






きゃりーぱみゅぱみゅが、特別賞を受賞しメドレーを歌っていました。喉の調子も大丈夫でしたね(口パクでしょうけど)。






優秀アルバム賞に選ばれた「SEKAI NO OWARI」と「FUNKY MONKY BABYS」が出演していました。ファンモンも来年6月に解散ですね。「あとひとつ」は素敵な曲ですね。






栄えある2012年レコード大賞はAKB48の「真夏のSounds good!」に決まりました。2年連続でAKB48でした。おめでとうございます。




数年ぶりにレコード大賞を見ましたが、日本の音楽業界の現状をある程度理解できました。




来年はどんな曲が現れてくるのでしょう。心に残る名曲の誕生を待っています。


















posted by okamoto at 21:53| Comment(0) | エンタメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。